幸福の科学学園とは






理事長ご挨拶




 渡邉理事長




幸福の科学学園 理事長

渡邉 和哉(わたなべ かずや)



  • 1957年東京都生まれ。

  • 東京都立大学経済学部卒

  • 大手証券会社勤務を経て、1994年宗教法人幸福の科学に奉職。

  •     
  • 2018年学校法人幸福の科学学園理事長に就任。




幸福の科学学園への皆様の御支援に対しまして、心から感謝申し上げます。
2018年7月22日付にて、学校法人幸福の科学学園の理事長を拝命いたしました。2015年開学のハッピー・サイエンス・ユニバーシティのチェアマンとして、建学と運営のお手伝いをさせていただいておりましたが、大学の設立認可申請の主体となる学校法人で理事長として尽力させていただくこととなりました。
幸福の科学学園は、①宗教教育による徳ある英才づくり、②塾に頼らずに学力がつく授業、③創造性の高い教育による企業家精神の養成、④全寮制による自立心と社会性の養成の4点を柱に、「高貴なる義務」を果たす真なるエリートを輩出することを目指しています。
また、「幸福の科学大学〈仮称・設置認可申請予定〉」は「幸福の探究と新文明の創造」を目指します。
理想教育の実現に向けて、誠心誠意、努力精進させていただきますので、御支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


校長ご挨拶




校長 喜島 克明




幸福の科学学園中学校・高等学校 校長

喜島 克明(きじま かつあき)



  • 1959年大阪生まれ。

  • 灘中学校・高等学校を経て、東京大学文学部卒業。

  • 大手広告代理店でのコピーライター、CMプランナーを経て、1991年幸福の科学に入局。




大きな夢の、小さな一歩。
「天使の学校を創ろう」-2010年、何もない緑の草原に、主の夢の一ひらが落ち、全国の信者の皆様の夢と善念が結集し、全寮制の光の学び舎が起ち上がりました。
これまでに東大を始め、早慶、医学部にも合格者を輩出し、チアダンスで数度の世界大会優勝・10度を越える全国大会優勝等、部活動でも輝かしい実績を創ってきました。
本校創立の理念は、「高貴なる義務を果たす、徳ある英才を育てる」ことです。「世のため人のため世界のために尽くす」という「高貴なる義務」を果たす人材。それは、主の愛と智慧に限りなく近づいていく、真のエリート、光の天使を育てるということでもあります。
主は、2018年度入学式の御法話「志について」で、「なりたいという思いをずっと持ち続けて努力するとそれは叶う」「世界中の国に残らず幸福の科学の旗を立てよ」とお説き下さいました。この主の願いを自らの志として実現すべく、学園はさらなる進歩を目指してまいります。